アゲ太のブログ 忍者ブログ
最新コメント
[08/31 マホ太]
[03/23 マホ太]
[01/11 たにやん]
[11/26 たにやん]
[11/01 たにやん]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
アゲ太
発足:
1999/11/27
事業:
障害のあるこどものためのデイ銭湯
趣味:
施浴
自己紹介:
デイ銭湯のボランティアグループです
京都市東山区の春日湯にて
午前中の貸切銭湯で障害児者の入浴介助をしています
YUYUYOU 公式ブログ
[67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [58] [57]
2019/11/21 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/01/10 (Tue)
寺院に付随する湯屋浴室を調べる中で、2003年に向日市で最古の湯屋遺構が発見された記事をみつけました。秋口に現地を訪れたのですが、当日、向日市埋蔵文化財センターは休業日にあたり、埋め戻された発掘現場を訪れ、文化資料館で報告書に目を通して帰りました。
年が明けて6日に、やっと埋蔵文化財センターを訪れることができました。
湯屋跡については報告書が出てまもなく、和歌山で時代を遡る遺構が発見されたそうです。というても、現在のところ、平安中期より遡る遺構はないとのこと。奈良時代の「資材帳」には湯屋浴室および湯釜が多数掲載されているものの、古代寺院の伽藍配置における湯屋浴室の場所が主要建物からかなり離れているため、結果的に調査区域に含まれないということが大きいようです。向日市で発見された宝菩提院・願徳寺廃寺の湯屋跡は、埋め戻し保存となっているそうですが、遺跡の下層にも焼け跡が認められ、保存のためそれ以上掘らなかったものの、同じあるいは近い場所に立て替えられたものの可能性もあるとのことでした。
長時間に亘り、拙い質問にお答えいただき、宝菩提院・願徳寺廃寺の資料のほか、古代の浴室構造や入浴方式について考察した下記冊子までいただいて帰りました。梅本さんありがとうございました。
梅本康広『古代・中世寺院の浴室構造とその変遷』(2013)
PR
この記事にコメントする

*
名前:
mail:
url:
color:
件名:
comment:
pass:

prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]